金森七人衆
歴史と伝統に刻まれた「信頼」を糧に
本業を代えていく柔軟性と
新分野へ挑戦を続ける風土があります。
当社は1611年に富山県高岡市で創業した長い歴史のある企業です。皆さん、老舗企業というとどういうイメージを持つでしょうか?旅館、酒造会社などの日本の伝統的企業、もしくは堅苦しい印象を持つかもしれません。もちろん、これだけ長く事業を続けられたのも、お客様との絆を深めてきた結果ですが、当社の強みはそれだけではありません。

当社の特長は時代の変化に合わせて、本業を代えていく柔軟性と、新しい事に積極的にチャレンジする風土を持つ事です。江戸から大正時代には、鋳物師として技術を磨いてきました。大正時代に入り、自社工場で使った新日鐵住金の銑鉄の良さに惚れ込み、地域の同業者に販売する事から商社活動をスタートさせました。現在では鋳造以外にも、土木向け材料、電子部材、輸入塗料、防災事業向け部品などに事業領域を広げています。新しい事業にチャレンジする事は苦労する事も多いですが、当社は新しい価値を生み出すことを大事にしています。
また、傍から見ていても社員同士の仲がいいと感じられる当社の社風も、特徴の一つと言えます。会社としても、社員間の交流を深めるために、社員旅行、営業所内の懇親会を開催し、働きやすい環境を整えるようにしています。きっと、「働きやすい」と感じていただけると思います。

歴史と伝統に刻まれた「信頼」を糧に、進化をつづける金森藤平商事。「伝統」「柔軟性」「チャレンジ」、こんなキーワードにピンときた方は、当社との相性がいいかもしれません。活躍できるフィールドをご用意して、みなさんとお会いできる日を楽しみにお待ちしています。
代表取締役社長
金森 慎太郎