金森七人衆
ON TIME
主に、アメリカから輸入した樹脂を国内で販売しています。当社の新規事業であり、扱う商材が国内では比較的新技術にあたるため、認知度はかなり低いです。既存の顧客も少ないため、営業はルート営業ではなく、新規開拓になります。どのように新規顧客を獲得するか、どうすればこの技術の認知度が高まるのか、日々考えながら奮闘しています。

Q

金森藤平商事に入社した理由は?

元々商社に絞ってたところに、ご縁があって話を頂いたのが当社を知ったきっかけです。その後、色々と知るうちに、扱う商材の幅の広さと、400年に及ぶ伝統が決め手となり、入社を決めました。

Q

どのようなときに嬉しかったり、やりがいを感じたりしますか?

新技術ということもあり、業界内でのこの技術の普及や成長を身近に感じられることだと思います。これは、単純に認知度が広まっていくということではなく、この材料に携わる人たち、そして技術の成長に触れられる瞬間です。というのも、私達は他の部署とは少し違う側面を持っていて、もちろん自社の売上を上げることを考えていますが、販売店の売上を伸ばすということも意識しないといけない立場です。そのため、この材料に関わる皆様との連携やサポートも重要な業務です。使用用途としては工事で使用されることが多く、現状そのほとんどが補修工事なのですが、補修工事は抱える問題が様々です。壁があるたび、アメリカや技術スタッフ、いろんな方たちと関わる機会があり、その中で、1年前にできなかったような提案が生まれてくることもあります。また、かなり昔からこの材料に携わってきた方たちにも出会うことがあり、そのころからの材料の進化や、技術の進化、そして流れてきた歴史に触れた時には、身の引き締まる思いがあります。自分自身の成長だけでなく、そこに携わるみんなで市場を作り上げていくという感覚に触れられることは、非常に大きなやりがいだと感じます。

Q

金森藤平商事で働く魅力は?

自主性の高さだと思います。自分でアイディアを出して実際に行動し、自分で学ぶことができる、そんな環境です。そのことに対するプレッシャーはありますが、自分で考え行動することで、身につくことは圧倒的に多いです。上司も相談に乗ってくれますし、アドバイスももらえるので、いつもそれが次の行動へ進む原動力になっています。

Q

今後やりたい仕事は?

新しいことにどんどんチャレンジしていきたいです。私の環境は、ウェブプロモーションなどさまざまなことに携われる機会に恵まれているので、全て全力で取り組んでいきたいと思います。また、絶賛英語勉強中ですので、海外の案件にももっと関わっていけたらと思っています。

Q

逆に、ここは大変だ、つらいな、と思うことはありますか?それはどのような時ですか?

成果の見えにくい仕事にはいつも不安があります。補修工事の案件が多いと書きましたが、その中には当然、誰にも原因が分からない案件や全くの新材料を使用するような案件もあります。例えば、自然災害で破損があった工場の大規模補修に使えないかと相談を頂きました。正直、環境としては非常に条件が悪く、他のどんな商材でも厳しいという状況でした。普通なら断ります。そんな中、技術スタッフとの会話から、アメリカの商材に可能性を見出しました。希望の光は見えていましたが、実際の成果が出るのか不安という状況。国内での実績もなく、必死に英語の資料を読み漁り、やり取りを重ね、そこから国内に入れて国内で実験を繰り返すことで、最終的に提案・採用に繋がりました。実際に完成するまでは不安も多く、手探りの状況でのプレッシャーは計り知れません。非常につらかったです。また、アメリカメーカーの商材を扱うために、国内での規格や認識とのギャップは必ず存在します。そのギャップを満たしていくこともまた大変な仕事ではあります。それでも私にしかできない、オンリーワンの提案が採用された時には本当にやりがいを感じましたし、可能性を信じ続けるこということは経験として非常に大きなものを得られました。

Q

会社の研修や配属後の教育についてはどうですか?

研修は入社後2か月みっちり行われます。富山、大阪と2拠点で各1ヶ月間です。長い歴史といくつもある事業、そしてもちろん社会人としてのスキルを徹底的に学びます。その後、配属となりますが、配属後はひたすらOJTです。さらに当社ではかなり早い段階でお客様を任されます。正直かなり不安でした。ですが、上司や先輩にフォローしていただける態勢が整っているので、成長の機会には非常に恵まれていると思います。実際の現場で、自分自身で体験することの方がはるかに身につきます。私の場合、入社後半年でマレーシア出張がありました。1年目に一人で工事案件を任されたこともあります。実はこの時お客様とのコミュニケーションが上手くいかず、少しトラブルになったことがありました。
その時も私に対してアドバイスを頂き、一緒に考えて下さり、何とか納めることが来ました。得られる経験は本当に濃く、やりがいも責任感も非常にあります。

Q

金森藤平商事で働く魅力は?

自主性の高さだと思います。自分でアイディアを出して実際に行動し、自分で学ぶことができる、そんな環境です。そのことに対するプレッシャーはありますが、自分で考え行動することで、身につくことは圧倒的に多いです。上司も相談に乗ってくれますし、アドバイスももらえるので、いつもそれが次の行動へ進む原動力になっています。

Q

今後やりたい仕事は?

新しいことにどんどんチャレンジしていきたいです。私の環境は、ウェブプロモーションなどさまざまなことに携われる機会に恵まれているので、全て全力で取り組んでいきたいと思います。また、絶賛英語勉強中ですので、海外の案件にももっと関わっていけたらと思っています。
OFF TIME

森島健文のプライベート

スノーボード、フットサル、ゴルフ等アクティブなことが大好きです。友人とよく飲みにも行きます。一言で言うと…楽しいことが何でも好きです!(笑)最近は同期とゴルフの練習に行くことが多く、すっかりゴルフにハマっています。と言いつつも…他の遊びも抜かりないですが(笑)もし入社されたら、是非一緒に遊びましょう!!
MESSAGE
自分の将来のため、悔いの残らないよう精一杯頑張ってください!!!
  • 金森七人衆<br>とは?
  • 松本康平<br>2011年入社
  • 山口愛里<br>2014年入社
  • 山崎敦史<br>2010年入社
  • 森島健文<br>2015年入社
  • 伊藤佐知香<br>2006年入社
  • 平林憲<br>2011年入社
  • 三輪信太郎<br>2016年入社